5作目となる05年新作。マルチ・プレイヤーによるCORRADO SARDELLAの1人シンフォ作風から、前作にてメンバーを加えバンド指向の音へ。本作ではそれがさらに推し進められ、遂に6人編成のバンド、 DORACORとなった。イタリアのロマンチックな叙情を貯えながら、どこか南米シンフォ、特にブラジルのAPOCALYPSEを思わせるようなメローでかつドラマチックなサウンドを展開。なので、自然とELOY FRITSCHの新作ソロにも近い。伝統的なイタリアン・ヴォーカル、優美なギターも今回のポイント。単純に愉しめる上出来です